通信制大学院での勉強ってこんなにいいの!?

通信制大学院ってそもそも何?

駅のホームやインターネットの広告で、通信制大学院の広告を多く見かけることがあります。通信制大学院とは、キャンパスに行くことなく自分が学びたいもの学ぶ、あるいは学位を取るということが可能な大学院です。最近では、有名私立大学も通信制の授業だけで学位や資格を取得することができるコースを持っていたりと注目されています。特に、社会人にとっては自分のペースで好きな場所で学ぶことができる訳ですから、仕事と学びの両立が可能です。さらに、様々な分野に特化した大学院があるため、通常の大学院では開講されていないより実務的で専門的な授業を受けることもできます。そして、ネットの普及により世界の大学院に入学することもできるようになり、その利便性は高まっています。

気になる学費について

国立大学の大学院の修士課程に通学して卒業するとなると、入学金と授業料2年間を含めて、だいたい150万円ほど掛かるといわれています。また、これが私立大学になると、理系分野であれば1年で300万円から500万円と莫大なお金が必要になります。しかし、通信制の大学院では、キャンパスを用意する必要がなく、人件費等も少なく抑えることができる訳ですから、普通の大学院に比べて格段に安い学費で学ぶことが可能です。

大学院の授業について

大学や大学院の授業では、教員によって当たりやはずれがありますが、通信制大学院では優秀な教員の授業を受講することができます。特に、MBAを目指すような大学院であれば、経済学者のみならず、有名実業家の授業を受講することもでき、より実践的な知識を得ることが可能です。

通信制大学院の授業内容は、実務に即した内容なっており、社会人も無理なく学べることから、入学希望者の数が増えています。