株で儲かるチャンスが広がる!?信用取引活用法

現物買いの3倍の取引ができます

株の取り引きを行っていれば、自分が買いたい株の価格が高すぎたり、株の数量をアップしたいが資金不足で買えなかったりする経験のある方はかなり多くいるはずです。ここ一番自信がある銘柄を買いまして勝負をかけることも株をやっている時には必ず出ています。しかし資金不足では手も足も出ません。指をくわえて見ているだけでは利益を獲得できませんよね。そんな時に信用取引ができれば証券会社から現金を借りて現物買いの3倍の取引ができます。もちろん現金を借りれば金利が付くため全くリスクがないわけではありません。そして自分の保有している株が大きく株価があがれば現物買いの3倍の利益を上げることができ資金にも余裕ができます。

信用取引しかできない空売りができます

株はいつも上がってばかりではありません。上昇相場と下落相場を繰り返します。現物買いでは上がった時しか利益は出ません。下降トレンドの時にただ黙って指をくわえているだけなら儲かりません。信用取引はこのような下降トレンドの時に威力を発揮します。証券会社から株を借りて売りから入って値下がりした株を買い戻せば利益が発生します。現物買いの逆の取引になります。証券会社から株を借りるには貸株料がかかります。個人の力量でリスクも負うこともないわけではありません。買いでも売りでも取引ができればチャンスの幅が広がることは間違いないですよね。そして信用取引で優待権をほとんど費用を掛けないで獲得でき、現物買いと空売りを同時に行い利益の相殺することで損失をなくす手法を身に付ければより以上の成果が期待できるはずです。

信用取引の費用は信用買いと信用売りで異なります。信用買いの場合は金利・管理費・名義書換料などが発生するのに対し、信用売りでは貸株料・品貸料・管理費などがかかります。また担保として委託保証金も必要です。