甘い誘惑に打ち勝て!信用取引は利益よりもリスク管理が重要!

信用取引では利益と損失が倍増する可能性がある

証拠金を出して信用取引ができるようになると、利益が倍増する可能性があります。自己資金の何倍もの取引が可能になるので、その分だけ利益は倍増するのです。ただし、倍増するのは利益だけではありません。損失も倍増することを忘れないようにしましょう。信用取引では損失が大きくなる可能性があるので、リスク管理が重要です。このままいけば大きく利益が出るというところでも、リスクを考えてある程度で売ってしまう方がよいことがあります。損を出しているときにも、損切りをする早い段階で決断することが重要になってくるのです。

感情的にならずに冷静に状況を判断する

信用取引をしていると、ついつい感情的になってしまいます。もっと利益を出したいとか、まだまだ大丈夫だという感情です。そのような感情に流されてしまうと、利益を失ってしまうかもしれません。そうならないように冷静に状況を判断する必要があります。冷静に判断して、少し慎重に余裕を持って決断するくらいがちょうどいいのです。余裕を失ってしまうと、悪循環に陥ってしまいます。

信用取引での鉄則は利益が出ているうちに確定させる

利益が出ているうちに利益を確定させるというのは当たり前のように思えますが、実践するとなるとなかなか難しいのです。利益が出ているともっと上がるのではないかという、誘惑に負けてしまいそうになります。その結果、利益がなくなってしまうということになりかねないのです。リスクを管理するためにも、この利益確定が重要になります。利益を確定させない限りリスクは残りますので、回避することが大事なのです。

現物取引ではなく、信用取引をするには、信用取引の担保が必要です。土地や宅地、保証人が担保になるケースが多いです。