介護の研修制度というのはどんなものがあるのか!

介護職員初任者研修という資格

介護の仕事をするためには、実は介護の資格というは必須ではないのです。介護のようなことには国家資格的なものが必要なのでは、と思っている人が意外といるのですができない介護業務もあるのですが基本的には通常の介護は無資格でもすることは可能になっています。では、資格は意味がないのか、というとそうでもなく、最終的にサービス提供提供責任者などになるのであればやはり資格は必須になるでしょう。最初の取っ掛かり的な資格としてあるのが介護職員初任者研修という資格になります。これを持つことがまずは最初であることも多いです。但し、介護の大学などを卒業していますとその段階は飛ばすことができるようになっています。あくまで一から介護職員として働く場合の資格です。

研修といってもやることは

介護職員初任者研修というのは、研修とついているのですが要するに講義を受けることになります。資格といっても試験があるわけではなく、規定の講座を受けることによって資格としては簡単に取得できるようになっているのです。昔でいうところのホームヘルパー二級に該当するものであり、基本的にはまず取得するべき資格になります。まず、介護のキャリアプランとして最初の一歩であり、ここからどんどんよりステップアップしていくようになるのです。介護福祉士というのもありますし、ケアマネージャなどもそうした目標の一つになります。介護はこれからますます拡大していきますから、期待できる業界といえるでしょう。

介護職員初任者研修を受講することで、これまで介護に関する実務経験がない人であっても、専門的な知識や技術を学ぶことができます。