積極的にチャレンジしよう!インテリアの専門学校に通う学生に効果的な経験3選

コンペには積極的に参加する

インテリアデザインの専門学校に通っている学生にとって、デザインセンスを磨くことはとても重要な課題です。そんな学生にオススメの方法を紹介するので参考にしてみて下さい。まずはコンペに参加する方法です。インテリアデザインに関わらず、グラフフィックなど、さまざまなコンペに応募することでデザインに対する視野が広がります。もしも何かしらの賞を受賞した場合、就職にも有利になるので効果的ですよ。

アウトプットの基本はインプット

良いデザインをアウトプットするためには、数多くの作品を目にして自分の肥やしにすることが重要です。美術館やデザイン展などを積極的に行くようにしましょう。特に入学したての方は、巨匠と呼ばれる作家がデザインしたインテリアを見ることで、デザインの基本である美しさと機能の融合を学びとることができます。

ポートフォリオの意見を聞いて回る

そして、学生にとってポートフォリオも重要な要素です。就職に深く関わるポートフォリオは、自分の実力をアピールする数少ない方法といえます。したがって、積極的に先輩や学校の先生などにアドバイスをもらうようにして下さいね。第三者の客観的な意見を聞くことで、より見やすくてクオリティの高いポートフォリにしやすくなります。そのためには、できるだけ早い時期からポートフォリオを作成しておくことがオススメですよ。以上のように、自分のデザインセンスを向上させるためにはさまざまな努力が必要です。限られた時間を上手く利用し、デザインセンスに効果のある方法を試してみましょう。

インテリアの専門学校に通学をすることで、家具などのデザインに関する役立つ資格を取得できることがあり、就職活動もスムーズに行うことができます。